ということで、今日から劇場公開な映画『ガラスの花と壊す世界』を見てきました

一応ネタバレ回避のために感想は続きを読むで


映画「ガラスの花と壊す世界」テーマソング&挿入歌CD 夢の蕾
THREE(花守ゆみり、種田梨沙、佐倉綾音)
ポニーキャニオン
2016-01-06



で、一通り見た感想ではなんていうか……
いろいろと既視感がある要素をいろいろとつなぎあわせた感じだったなー

なんか見てる時に思ったのは『タモリの世にも奇妙な物語』のシナリオの一つを中編アニメにした感じというのが個人的にしっくり来る感じ?


まー、ちょいとわかりにくくはあるけど、人類が滅んだっぽい感じとかはわかるしなー
あと、冒頭のプログラム名らしきものとデュアルが消した少女の名前とかがつながってるのも


で、「知識の箱」とかいう神帝ブゥアーみたいな地球上のあらゆる時代やさまざまな場所が記録(バックアップ)の中でデュアルとドロシーのアンチウイルスソフトの二人?がバグを修正するお仕事をしてる


そこにリモとかいう三人目の少女が来ることによって二人にも変化が来るという展開はわかる
ただ、 その変化を「知識の箱」めぐりの旅で通過しちゃったのはなー

最初、リアクションの割に冷淡なドロシーがバグを消す時に見せる変化は良かったけど

やはり、短くてもいいからエピソード見せて欲しかったんだぜ?


映画だから作画は綺麗だったけど、エピソードやるためには地上波
そうなると、作画クオリティは維持できないだろうなぁというジレンマ


さて、今週の来場者特典はリモだったわけだが……、デュアルの二週目を待つべきだったかなー?
ぶっちゃけ、この映画を見ることを決めたのはデュアルのへそだったわけだし


二回目を見に行くにはさすがにちょいと上映館が遠いんだぜ
あと、心の何処かに近くで見れるようになったガルパンの二回目をレイトショーで見たほうが良かったんでは、と?

そういや、パンフレットは買わなかったなー
いや、映画より高いし、躊躇する
おそらく、何らかの円盤とかついてたんだろうけどなんにも書いてないしなー


ぶっちゃけた話さー、それくらいの値段でえちぃゲーム作ってくれんかなー
敵とかどことなくアレなゲームに出てきそうな感じでもあるし……

無理なのはわかってるのだけれどね





といこうことでコミカライズを買おうか、と…… 

スポンサーリンク